経費削減

省エネ対策としては、大きくは照明と空調への対策を行うということがある。照明では、一部の電球を取り外し間引きすることで照明の数を減らしたり、使用していない部屋の照明を消すなどの対策が行われてきている。また、昼休憩時には消灯するなどで使用時間を短くし、削減が行われている。 空調への対策としては、まずは温度設定を緩めるということがある。暖房や冷房が効きすぎないように温度調整したり、使用していない部屋では消す、使用時間を短くする対策がある。 今後はこれらの対策に加え、省エネ性能の高い機器を使用したり、太陽光発電などを使用し購入電力を減らす対策が強化されることが見込まれる。

工場における省エネ対策では、いくつかの注意点もある。まずは、工場では生産に電力を多く使用しているケースが通常である。工場での省エネ化を進めすぎることで、生産量に影響しないように注意することが重要になる。 また、照明機器の使用抑制でも、必要以上に照明を消しすぎないことにも注意が必要になる。従業員が多くあるく通路などの照明を消してしまったり、暗くすることでつまずき、転けるなど怪我につながる危険性もある。そのため、必要以上に照明を消しすぎないなどの検討が重要になる。 空調についても、温度が上がりすぎることで機械の故障につながりやすくなったり、従業員の体調不良者を出すなどの可能性も出てくる。そのため、適正な範囲で空調の温度調整するといった対策も必要になる。